第3回ベーシックセミナー参加申込

テーマ:「肩関節拘縮における機能解剖学的評価と触診」
日時:平成29年7月23日 日曜日 9時30分受付、10時開始、17時終了
会場:京都社会福祉会館4階ホール
定員:100名限定(要事前申込、先着順)
参加費:3,000円(会員・会員外とも)
※LINE@スタンプ10Pある方は無料
※専門理学療法士制度ポイント認定研修会申請中
参加申込受付期間:5月8日午前0時〜定員になり次第締切



2017年5月開催−第116回定例会− 「腱板断裂に対する保存療法の可能性」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年5月27日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:5月1日から開催2週間前まで5月3日に定員に達したため締め切りました



2017年3月16日木曜日

【文献紹介】肩甲下筋断裂における画像所見について

 本日は、肩甲下筋腱断裂における画像所見について報告された論文を紹介します。  

松尾洋司ら:結節間溝内水腫と肩甲下筋腱断裂との関連. 肩関節38(2):613-616,2014

 臨床において、画像から病態を推測することは理学療法を進める上で重要なスキルかと思います。例えば、肩関節のMRIは腱板断裂や関節唇損傷の診断に有効であるとされています。その中でも肩甲下筋腱(以下:SSc)の正確な画像診断は難しいとされており、画像において断裂を認めていなくても鏡視下では断裂が確認される事もあるようです。
 本論文はSScの断裂を認める場合、画像にはどのように表れる可能性があるのかについて結節間溝の水腫を中心に着目し報告されています。方法は画像所見と鏡視下でのSScの所見を比較し検討されています。
 画像にてSScの断裂像、結節間溝の水腫、Superior SSc recess fluid(SScの前上方にあり関節上腕靭帯周辺にあるスペースの高輝度変化)、LHBの(亜)脱臼のいずれかを認めた症例の多くは、SScが断裂していたとされています。しかし、SScが断裂していなくても、結節間溝の水腫やSuperior SSc recess fluidを認めていた症例も見られたようです。このことから、画像にてSScの断裂像やLHBの脱臼を認めた場合は実際に断裂していることが考えられます。しかし、結節間溝の水腫やSuperior SSc recess fluidのみの所見では必ずしもSSc腱が断裂しているとは限らないことがわかります。  
 この論文から、複数の所見が揃うと診断の正確性が増すことがわかりました。同じ画像からひとつでも多くの所見を見つけられるように画像を診る練習をしていきたいと思います。

 投稿者:中井亮佑

【京都支部定例会のお知らせ】
3月の定例会より定員を先着24名での開催予定です。
参加申込を受け付けておりますので、以下よりお申込ください。
申込フォーム:https://pro.form-mailer.jp/fms/f8e2b38d114071

人気の投稿