2017年11月開催−第121回定例会− 「腰痛⑵ 伸展時痛の解釈と評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年11月25日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:11月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2014年9月22日月曜日

第23回整形外科リハビリテーション学会が開催されました

9月20日・21日に第23回整形外科リハビリテーション学会が開催されました。



近江支部の京都会場スタッフからは、京都下鴨病院の小野先生が主題の座長をされ、永井先生、為沢先生、わたくし一志が発表させて頂きました!!
小野先生:主題座長
永井先生:研究報告

為沢先生:症例報告

一志:症例報告
今年の学術大会は、演題応募が約60題もあったとのことで、益々熱い学会となってきています。
今回、採択されたのは33題と厳選されました。どの発表も機能解剖に基づき詳細な理学療法所見をとった上で考察されており、私自身とても勉強になりました。

私は、今回で2度目の発表でしたが、反省点がみえこれからの勉強方法や努力の仕方も考えていこうと思いました。

発表をすることで、一症例を再考察でき、不足していた評価や考え方の順序を整理立てることもできるので、これからもどんどん発表をし論文にしていきたいと思います!

まだ、参加したことのない先生方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?



          最後に集合写真!パシャリ
近江支部京都会場スタッフ(一部)







人気の投稿