2017年11月開催−第121回定例会− 「腰痛⑵ 伸展時痛の解釈と評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年11月25日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:11月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2017年11月19日日曜日

第16回下鴨整形疾患フォーラム

本日、第16回下鴨整形疾患フォーラムが行われました。


「外傷性軟部組織欠損の再建−疼痛問題も含めて−」 京都大学医学部付属病院 池口良輔先生
「目立たない傷あとにするためのベストプラクティス−創傷治癒の最新理論、閉創手技から術後ケアまで−」 日本医科大学 小川令先生


術後、創部がケロイドになってしまう症例を目にすることは多々あります。今回、創部がきれいな症例とそうでない症例がいるのか、そもそもどのようにしてケロイドが形成されるのか、とても興味深いご講演を聞くことができました。創部の治癒過程、最新の研究を用いた創部へのストレスの加わる方向など学ぶことができました。リハビリに介入している時に創部が目立たないようになるのか、どの程度残るのか気にされる患者さんは多く、とくに若い女性は非常に多いです。今回の講演を聞いて、創部の管理についても今後勉強していく必要があると感じました。

2017年11月12日日曜日

第57回近畿理学療法学術大会

本日、第57回近畿理学療法学術大会が行われ、当院からは佐々木拓馬先生と天鷲翔太先生が発表されました。



「鎖骨骨折後に生じた肩関節拘縮について〜上肢挙上制限の改善に対して棘鎖角に着目した1症例〜」



「腓骨遠位端骨折後に出現した歩行時痛の解釈と軟部組織の鑑別」



今回初めて近畿学会に参加させていただきました。たくさんの口述発表、ポスター発表、シンポジウムが行われとても勉強になりました。
当院から発表された先生方、他の先生方の発表を聞いて私自身も頑張らなければいけないと感じました。日々の臨床はもちろん、学術活動もさらに力を入れていこうと思います。


股関節リハビリテーション合同勉強会

本日、MSMCみどりクリニックと京都下鴨病院の股関節リハビリテーション合同勉強会が京都橘大学で開催されました。

産業医科大学若松病院の内田宗志先生に「股関節鏡視下手術の最新知見」についてご講演していただきました。
当院の為沢一弘先生は「股関節疾患の評価と病態」について、團野翼先生は「股関節疾患に対する体幹トレーニング」について講義していただき、小野志操先生には「股関節疾患患者にみられる特徴的な疼痛部位に対する運動療法の実際」について講義と実技をしていただきました。

内田宗志先生
「股関節鏡視下手術の最新知見」


為沢一弘先生
「股関節疾患の評価と病態」


團野翼先生
「股関節疾患に対する体幹トレーニング」





小野志操先生
「股関節疾患患者にみられる特徴的な疼痛部位に対する運動療法の実際」





今回の合同勉強会では股関節疾患について貴重なお話を聞くことができました。
また、他院の先生方、他職種の先生方と関わる機会を設けていただき、お話を聞くことが出来るのは新鮮だと感じました。
学んだことを臨床で活かしていけるよう、努力していきます。
次回は三重へ行かせていただき、勉強させていただきたいと思います。


投稿者:天鷲翔太

人気の投稿