2018年1月開催−第122回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜股関節(鼡径部痛と股関節唇損傷)に対する評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年1月27日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年1月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2017年12月12日火曜日

【文献紹介】橈骨遠位端骨折掌側ロッキングプレート固定術後の長母指屈筋腱断裂


本日は、橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレート固定術後の長母指屈筋腱断裂について書かれた文献です。

三原 惇史ら: 整形外科と災害外科.63:(147-502014

橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレートでの内固定術は一般的な治療法とされていますが、手指の屈筋腱断裂のリスクがあり、Soongらは4.3%の症例に起きると報告しています。

本論文では、橈骨遠位端骨折掌側ロッキングプレート術後に長母指屈筋腱断裂をきたした症例を対象に、断裂の原因とその再建方法を検討しています。

プレートの固定はSoongらの分類grade12例、グレード21例であり、断裂から16日で再建可能であった1例のみ長掌筋腱による腱移植術にて再建し、数か月要した2症例環指浅指屈筋腱の腱移行術にて再建しており、これら再建後の母指IPMP関節の可動域Quick DASH Scoreを評価し比較しています。

結果は、Quick DASH Scoreにいては腱移行術例よりも腱移植例にて良好であり、可動域は移植術では健側とほぼ同等まで改善したが、移行術例では2例ともに母指の可動域制限を認めました。この結果から、著者らは腱断裂の早期診断と腱移植術にて再建することが望ましいと考察しています。

FPL断裂は、Watershed lineより遠位でプレート固定される場合や、プレートの設置位置が橈骨掌側縁よりも掌側に突出していると腱断裂のリスクが上昇することが原因であるとされているため、今回学んだことを、臨床に活かしていきたいと思います。

投稿者:鷲見 有香

2017年12月10日日曜日

整形外科リハビリテーション学会シンポジウム

本日、名古屋で整形外科リハビリテーション学会シンポジウムが行われました。
当院からは團野翼先生がシンポジスト、永井教生先生が座長をされました。







今回のシンポジウムは午前中にbasic symposiumが行われ、「肩関節〜可動域〜」についてのご講演でした。午後はadvance symposiumが行われ、「膝関節〜屈曲可動域制限〜」についてのご講演でした。

午前中のbasic symposiumではシンポジストの先生方が日々臨床でどのようなところを診られているのか、どこに着目しどのように評価を行なっているのか学ぶことができました。
午後のadvance symposiumでは実際の症例を提示していただいたり、研究データを提示していただいたり貴重な報告をお聞きすることができ、非常に濃い1日を過ごすことができました。

肩関節疾患、膝関節疾患は臨床中に非常に多く経験する疾患であり、早速明日の臨床で今日学んだことを活かしていきたいと思います。

2017年12月5日火曜日

【異なるハムストリングス筋力トレーニング介入によるH:Q比の変化の違い】

今回はハムストリングスの筋力向上をテーマにし、4種類のトレーニングにより大腿四頭筋・ハムストリングス比(以下H:Q比)がどのように変化するのかを検証された文献を紹介させていただきます。



小野高志他:異なるハムストリングス筋力トレーニング介入によるH:Q比の変化の違い:体力科学.62(1).87-94.2013


今回の対象は若年成人40名とされ、以下4種類のトレーニングを行われています。
①Hip Lift
②Single-leg Deadlift
③Leg Curl
④Nordic Hamstrings

4種類の筋力トレーニングにおいて膝関節に着目してみると、最も有意にH:Q比が増加したのはLeg Curlでした。

Leg Curlは座位で股関節90°屈曲位、膝関節完全伸展位の状態を開始肢位とし、その状態から片脚で膝関節を90度まで屈曲し、開始肢位まで戻すことを反復することでハムストリングスの筋力向上を図るトレーニングです。

本研究では主にハムストリングスの筋力向上を図った運動を行っており、それに伴いH:Q比が向上したことから、H:Q比の向上はハムストリングスの筋力向上に起因すると考えられます。

Leg Curlで有意にH:Q比が向上した原因として、股関節が常に屈曲位の状態で保たれ、その中で膝関節の屈伸運動を行ったことにより、有意にハムストリングスの筋力向上が図られたことが考えられます。

H:Q比の向上は、ACLRを施行されたスポーツ選手や学生などのスポーツ復帰や、術後のジョギング開始の指標の一つとして用いられることは多々あります。

術後早期の可動域獲得に伴い、適切な期間での適切な強度で行うハムストリングスの筋力向上トレーニングは、術後の筋力再測定時に有意にH:Q比の向上が認められるケースを多々見受けます。

Leg Curlの利点は、負荷量が容易に変化できるところではないかと思われます。Nordic Hamstringsなどは自分の体重を用いて行うため、負荷量の調整が難しいと思われます。そのため、Leg Curlは臨床現場では効率的なハムストリングスのトレーニングではないかと思われます。

今回の文献より学んだ知識を臨床に活かし、患者様の早期復帰を願い治療に挑みたいと思います。


投稿者:高橋 蔵ノ助


人気の投稿